☆高架架橋から約半月の状況

2009年10月18日、所用が済んでから新水前寺駅へ行ってきました。というのも、「高架橋が下がった!」という情報が入ったためです。現地に着いてから驚きました。今まではかなり高い位置に架設されていましたが、位置もすっかり低くなり、以前のような高架独特の「威圧感」は大幅に減ったように感じます。それでも現在のガードより少し高い位置に架けられているため、この工事が完了すれば市電は今のように”くぐらずに”済むようです。

というわけで新水前寺駅へとやって参りました。だいぶ位置が低くなりましたねぇ。10月4日の画像はこちらから

以前あった右側半分の「ガード」が無くなっています。

確かにかなり低くなっているようです。市電の架線もギリギリ。

ちょっと引いてみました。

今のガードよりも若干高さに余裕があるので、これからは”くぐらずに”停車できるようになると思います。

すっかり途切れてしまいました。九州新幹線が全通するまでに約1年半。それまでには出来上がるそうですので、これから急ピッチで工事が進められることになると思います。何事も安全第一でよろしくお願いします。

信号が赤になって車が途切れました。夕方は車が多いのでなかなか難しいものです・・・。

ほんとにギリギリですねヾ(・ω・`;)ノ

電車がやってきました。

よく目を凝らしてみると「突起」みたいなのものを確認することが出来ます。市電の架線を支持するものでしょうか。

パトカー電車です。これって期間限定って聞いてたんですが、違うんですかね?

水前寺側を眺める。橋桁が製作されていた場所です。これからここを解体してから本格的に高架工事に移るのでしょうか。 新幹線まとめ トップページ 感想はこちらから


画像及び文章の無断転載を禁じます。(C)Kumamoto-city Transportation Photo Museum

 

 

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO